masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

大分回りで宮崎→北九州へ

正月休みも終わりに近づき、今日は実家宮崎から北九州に戻る日になってしまった。
帰ってくるときはいつもの熊本経由だったが、やっぱり高速道路の長時間運転はまだ無理っぽく、しんどかった。今回は、ゆっくりドライブを楽しみつつ、下道が多い大分回りで戻ることにした。
いつもの熊本回り・高速経由は4時間ぐらいで戻れるが、どれくらい違いがあるものだろうか。それも気になるところ。


昼過ぎ、実家を出発。そこから10号線を北上して、大分を目指す。
大分までの10号線は単調で長く、結構辛いんだよな・・・しかし、今は違う。東九州道が結構整備されてきた。
今は宮崎区間が無料で、まだ通ったこと無かったので、せっかくなので通ってみることに。


まずは西都IC〜高鍋IC間。10号線を離れて、西都ICへ向かう。

まだ片側1車線だけどなだらかで快適な道。標高が低く防音壁も少ないので、景色を遮る物がない。まわりが田んぼだらけでのどかな景色。
あっという間に終点高鍋IC。出口付近からは、その先の都濃IC間の工事の様子が見えていた。山を切り開いて、下り線は結構工事が進んでいる様子だった。上り線はまだまだかな。



そこから10号線に戻るまでしばらく距離が。あとはまた見慣れた道。
そして、日向に入る。日向IC〜門川IC間がこの前開通したばかりなので、この道も通ってみる。

こちらは標高が高く、山と山の間を渡って進んでいく感じだ。高所恐怖症の自分にはちょっと怖かった。
さすが出来たての道だけあって、綺麗なのが印象的。



そこからは延岡を超え、大分へ。10号線の山の中をひたすら走っていく。

長年高速が無く、幹線道路といえばこの10号線しか無い状態だったので、ど田舎の山の中ながら道は綺麗。
高地から見える、別の山の景色は絶景。



大分市近辺では再び高速に乗って、渋滞を避けて進んでいく。
そんなこんなで福岡に入り、北九州へ。そして自宅へ。
下道・高速を織り交ぜた、長く感じる旅路でした。そのタイム、約6時間半。やっぱ大分回りは結構時間かかるなぁ。



明日は1日休んで、6日からまた仕事。今年も頑張らなくては。

今日のルート


より大きな地図で 宮崎〜北九州(大分回り) を表示

今回の正月帰省で走った道

結果的に、九州1周となりました。

より大きな地図で 2010/12/29〜2011/1/4 実家帰省 を表示