読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

人生初の胃カメラ

生まれて初めて、胃カメラを飲むことになった。
職場の人からさんざん「苦しいよ〜」とか脅されていたけど、前の日から食事制限をして心が舞えていたが、思ったほど緊張していなかった。どちらかというと興味の方が大きかった。
そして当日。朝一番からだったので、会社を午前中お休みして病院へ


まずは診察の定番、血圧測定。
そのあと、胃の活動を鈍くする薬を腕から注射。これも結構な量を入れたが、そこまで苦ではなく。
次に、カメラが通って一番辛いのどの部分を麻痺させるべく、飲むタイプの麻酔を。飲むといっても、口からのどに含んで息を止めて、麻酔液をのどに溜めたままにして麻酔をかける感じ。5分ぐらいその状態をキープして、呼吸は鼻からのみだったので、結構しんどかった。


これらが終わったら、いよいよ胃カメラを飲む診察台へ。
ここで、事前のアンケートで安心してカメラを入れるため安定剤を打つかどうかを聞かれており、自分はちょっと心配だったので安定剤を希望にしていた。すると、診察台に寝てから安定剤の注射を打たれ、意識はだんだんともうろうに・・・ってなりかけた瞬間、注射してまだ5分も経たないうちに、いきなり胃カメラがのどから入ってきた!

最近は鼻からカメラを入れて楽に検査できるところもあるらしいけど、僕が行ったところは口からでした

麻酔+安定剤を打っていたとはいえ、のどを過ぎるあたりまではかなり過酷。「ゲーゲー」いいながら、吐くものもない状態で「おえっ!」って言い続けてた。でも、数秒してのどを過ぎたら、そこからは何ともなし。しばらくぼーっとしていたら、5分ぐらいで「終了しましたよ」との声が。
最初きつかったけど、のど元過ぎればなんとやらで、食道を過ぎてからは苦もせず、なりゆきだけでなんとなしに過ごせた。

で、検査が終わった後。安定剤を注射されているので、意識はもうろう状態。ベットで休んでてくださいと言われ、そのまま眠りに落ちていた。検査が終わったのは9時頃、目が覚めたのは12時前だった。
安定剤もだいぶ抜けきっていたので、その後お菓子とかお茶をいただきながら、検査報告書をもらった。

 ※グロ注意・興味ある人だけクリックで拡大

下部食道括約筋がやや弱めだが、全体的には問題ないとのこと。とりあえず一安心。
その後先生の問診を受けたが、下部食道括約筋が根本原因とは断言できないが、げっぷの原因に関連してるかもしれないとの指摘を受けた。ただ、やや弱めなだけで治療しないといけないレベルではないらしい。上部にも食道括約筋があり、こちらはしっかりしている、むしろ普通の人よりも強いとのと。
先生も推測ではあったが、胃からの空気が下部括約筋が弱くなってあがりやすい状態であるが、上部がしっかりしているので、げっぷ程度で収まっており、胃酸があがって胸焼けを起こしたりのような症状はないとの話だった。
ともあれ、胃には何も異常がなくて一安心。胃カメラ飲む前から先生は大丈夫とおっしゃっていたので調べる必要はなかったのだが、自分の中ですっきりいかなかったので調べることができて大満足。安心を買ったと思えば、検査代も安いものだ。

ちなみに、さんざん「胃カメラは高い!」と脅されていたが、3割負担で3000円台だった。思ったより安くて拍子抜け。これだったら、早めに診てもらってたらよかったなぁ。



でも、胃腸に問題がないとなると、治療はさらにたいへんそうな気配が。これは長引きそうだ。
もう長い目で付き合っていくしかないな。