読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

リフォームローンの契約に

今のマンションに住んでから考えてた、いや、住むときにもやったのが「リフォーム」。そのときは予算の関係で部屋の半分しかリフォームできなかった。
そして、残り半分をどうリフォームしようかと思案して早3年。キッチンが対面じゃないので対面にしたいけど、コンロの位置が逆になっちゃうし、とかあれこれ悩んで考えた3年でした。


悩んで悩んでようやく方向性と予算が決まって、リフォームを決意したのが約2ヶ月前。そこから、色んなリフォーム会社に来てもらって見積もりを取ってもらったり、自分のプランを説明したり、毎度同じ説明を何社にも繰り返す日々が続いた。
その中で、価格が安く営業の方の人当たりが自分の肌に合っていた会社にリフォームをお願いすることに決まった。


ようやく、リフォームを実行するときが来た。
そこで、リフォームのためのローン「リフォームローン」を契約するために、今日は休みを取って銀行に行くことに。



今回リフォームローンを組んだのは、福岡銀行。住宅ローンも福岡銀行で組んでおり、住宅ローンを組んでいる人はリフォームローンが-0.5%になるという優遇があったため、福岡銀行にした。
その際にもお世話になっている、折尾支店に。


仮審査は通っていたので、今日は本審査申し込み。で、ここで想定外だったのが、仮審査通っても本審査でもう一度審査があるって事。以前福銀でフリーローン組んだときは、仮審査通れば本申し込みに行くだけで、その翌日には金額が支払われていたが、リフォームローンは住宅ローンと同じように再度審査があるようで、翌日の支払いとはならないとのこと。早くても2週間程度かかるとのことだった。
ここで困ったのが、リフォーム業者への手付け金。先に半額程度払うことで請負契約を結んでしまったのだが・・・しかも、分割支払いは対応しておらず、請負契約書通りの支払いを、希望した日時に支払うことしか出来ないとのこと。ということは、手付けを払わず、逆に工事が完了していない時期に全額支払う形になってしまう。


まあ、これはしょうがないってことで業者にも同意してもらった。
それよりなにより、記載する書類が多すぎ!色んな書類を書いていたら、銀行のローン窓口には2時間半ほど居た形に。住宅ローンの時は大方仲介業者が手続きしてくれたが、自分で全部するとなるとここまで面倒なのね。まあ、手数料が浮いていいのだが・・・


しかも、契約したあとに書類に不備があり、所得証明を取り直して再度銀行に行ったり。それでもさらに不備があり、訂正印が必要になったり・・・さすがに3度目に呼ばれたときは、もうくたくたで行く気力が無かったので、来てもらって印鑑を押すことで対応してもらったが。


ともかく、今日ほぼ1日かけてリフォームローンを契約する形となった。めちゃくちゃ疲れたよ。全部手続きが終わったら、そのまま昼寝をしてしまうぐらい疲れた。



ただ、メインの工事は明日から開始で、まだリフォームローンが完全に降りていない状態で始めることになるんだけど、万が一ローンがおりなかったらどうするんだろ、俺。


リフォームの教科書

リフォームの教科書