masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

ステーキハウス小坂にて 豪華ディナー

ボーナスも入ったことだし、年に1回ぐらいはいいモノを食べたい、ってことで、「おいしい肉」を食べることにしました。
黒崎においしいステーキの店があるとの噂は聞いていたので、検索してみた。すると見つかったのが「ステーキハウス小坂」というお店。


関連ランキング:ステーキ | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅

かなり人気のお店で、予約しないと入れないとのことだったので、早めに予約し、今日行くことに。


さてさてお店に到着。

看板の位置から、最初間違って別の店に入ってしまった。お恥ずかしい。



店内はすでに満席。案内された席の前には鉄板が広がり、シェフが他のお客様の肉を焼いていた。
まずは注文。ちなみにメニューはこちら。(クリックで拡大)

今日は7,800円のステーキディナーセットを注文。前もって調べていたから分かっていたけど、改めて見るといいお値段ですね〜。


コースで順次運ばれてくるので、それまでお預け。

ただ、終盤のご飯が運ばれてくるまで赤ワイン飲み放題だったので、ワインを飲みながら食欲をわかしておいた。


まずは1品目、前菜。

見た目も綺麗で、味も絶品。酸っぱさがちょうど良い。さらに食欲が増す。


2品目、スープ。

これまた濃厚で、食前の胃にはやさしい。


3品目、サラダ。

野菜は新鮮で、ドレッシングも美味しい。


いよいよ4品目、本日のメインであるステーキ。コースでは、ロースかヒレかが選べるのだが、今回はがっつり食べたいのでロースを注文。
まずはシェフが目の前で焼いてくれる。

肉厚が凄い!見た目でも食事を楽しませてくれます。
そして、目の前の鉄板には、副菜と、ステーキの器となるパンが置かれていた。

この副菜もうまい。ガーリックはついつい食べ過ぎてしまいそう。でも、においを考えたら・・・って、今日は考えなくていいや。パクパク食べました。
肉が焼け、切り分けられて食パンの上に運ばれてきます。

1つ1つが大きい。早速たれを付けていただきます。おぉ、めちゃくちゃうまい!!!
ほっぺが落ちそうなほどうまい。肉厚があるので食べ応えがあるのはもちろんのこと、肉自体がすごくジューシー。そして肉汁もうまみたっぷりで、肉だけで食べるのが勿体ないぐらい。ポン酢が絶妙に合う。そしてまた、これが赤ワインとよく合う!



至福の時が流れる。




ゆっくり味わって食べたけど、肉厚もありなかなか無くならない。「いつまでもこの時間が続いてくれ」と願ったものだが、一口一口味わって食べたら、かなり長い時間それが続いたので嬉しかった。決して大量にあったわけでは無いけど、肉自体にうまみが凝縮されており、1切れで長い時間味わうことができた。



肉が減ってきて、1〜2切れになったら、下に敷いていたパン+もやし等の野菜+肉数切れで、野菜炒めを挟んだサンドを作ってくれた。

一口大に切られており、これがまたおいしい。パンは肉汁をたっぷり吸っており、非常に味が深い。肉で多少こってりとなった口の中を、野菜とパンでマイルドにしてくれました。



6品目は、ガーリックライスと漬け物・スープ。

ガーリックライスの香ばしさといったら、たまらない。お肉の時点でかなり食べていたけど、さらに食欲が増され、どんどん胃の中に入っていきます。
あ、まだ肉もサンドも残ってます。味わいながら、ゆっくりと・・・

この時点で飲み放題の赤ワインは終了。結構飲みました。



最後は、コーヒーorアイスが締めで選べる。自分はコーヒーをチョイス。

風味よく、下手な喫茶店のコーヒーより美味しかった。ついでに、食後のアメも出てきた。



そして完食。ごちそうさまでした。
いやぁ、値段以上で大満足の料理でした。安いファミレスのステーキや家で焼いたステーキしか食べたこと無かったけど、いい肉で、さらにプロが焼いたものだと、全然違うことを痛感した。やっぱ値段にはそれだけの意味や価値があるもんですね。また一つ勉強になった。
あと、雰囲気とかコースの出し方とか、それだけでも料理が引き立ちます。トータルして、最高のお店でした。





その後は、行きつけのラウンジ「モンテローザ」へ。入れてたボトルが空いてしまったので、もう一つ入れてたボトルへ。

ここでも楽しく過ごし、明日はゴルフの予定なんでまっすぐ帰宅。
非常に充実した1日でした。



最後に、ステーキハウスでのワンショット。タイトルは「お肉を待つ人」で(笑)