masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

外付けタイプのヘッドレストモニターを取り付け

先日購入した、外付けタイプのヘッドレストモニター。


これを取り付けることに。


配線関係は助手席下まで来ているので、残った作業は助手席の中を通してヘッドレストにケーブルを通すのと、既存のヘッドレストにモニターを固定するだけだったので、平日だけど帰宅してから取り付けを行った。


電源もしっかり確保できているので、バッテリーからアースを外す必要も無く、エンジンをかけてエアコンをかけながらの作業。これなら夏でも快適。
ヘッドレストのポールにマウントキットをはさんで、ねじ止めをするのだが、これがなかなか届かず苦戦。それでも何とか取り付け。また、配線を助手席カバーの中を通すのも苦労したが、これも何とかクリア。


そして、取り付け完了!

なかなか画質も綺麗。ヘッドレストも純正のままなのがいいね。
反対側はこんな感じ。

ヘッドレストを使用する分には、全然邪魔になりません。しかも、高さ調整もきちんと出来るのでよい。


ヘッドレスト交換タイプのモニターは、各種配線がポールの中に通されているので、セットするだけで助手席裏のシートの中に配線が簡単に通せるのだが、外付けだとどこに線を通せばいいか悩みどころだった。シートの外は見栄えが悪いし、かといってヘッドレスト付近のシートに穴を開けるのも嫌だし。。。
散々悩み、ヘッドレストの高さを固定するプラスチック部分の横のシートを思いっきり引っ張ってみたところ、ここに隙間が現れることを発見。この隙間にケーブルを通すことにしました。

これなら、シートに穴を開けることも無く、見栄えも綺麗で大満足。
ただ、穴は狭く、ここにケーブルを通すのはかなり苦労したが・・・なんとか通すことに成功。

ちなみに、モニターからのケーブルと、電源等のハーネスからのケーブルの接続部分は、ヘッドレスト付近の見える場所に出した。これも隠した方が綺麗だけど、車検時に外すことを考慮してのこと。中に入れてしまうと、また接続するときに苦労するんで。


とりあえず片側だけ設置完了!
これで思った通りの後部座席モニターが設置できました。
あとは運転席後ろのモニター。こちらは、運転席下までどうやって綺麗に配線を持って行くかを考えなければならないし、夕方に作業開始してすでに暗くなってしまったので、後日やることにしよう。