読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

最近多い「フリーケア・プログラム」とは何ぞや?

最近よく、保有している色んなカード会社から「XX様に新しい補償サービスをご案内します。」って手紙が届く。
どういうものかというと、保険料一切不要で入院補償をするという、いわば無料の保険。
具体的には「交通事故などで5日以上入院された場合に、入院一時金補償として30,000円」を受け取れるというもの。

写真はセゾンカードの例。無料なら悪い話では無いが・・・なんか怪しい!
と直感的に感じた。
そもそも保険代はどこから発生しているんだ?



これが、1社だけがやってるならまだしも、全く同じフォーマットで別のカード会社からも来るあたり、新手の何かが背景にあるような気がする。過去にきた経験では、イーバンク・楽天カード・niftyなどなど。
気になったので、ちょっと調べてみた。


まずは約款を読んでみる。気になる点としては、下記の通り(セゾンの場合)。

  • 無料プランの補償期間は3年限り
  • 無料プランの掛け金はクレディセゾンが負担するため、無料となる
  • 当然、途中でセゾンカードを解約すると補償は無くなる

これを読めば、「カード会員向けのサービスの一環」と受け取れなくも無い。


次に、追加で数千円払えば、さらに手厚い補償がある「追加補償プラン」もある点を考慮してみる。これは月払いの保険。無料プランと有料プランを並べて記載し、補償の差を見せつけてそっちへの勧誘することが目的の一つなのだろうか。


あとは、一般的に考えられる「名簿の入手」。保険に興味はあるが契約はしておらず、無料ならとりあえず入ってみるかなといった人など、潜在的な保険勧誘して加入しそうな人の名簿が簡単に手に入る方式ではある。
仮に申し込むと、さらなる保険の勧誘がじゃんじゃん来る可能性は高い。割り切って断れる人はいいだろうけど、意思が弱い人ならあれよあれよで契約させられてしまいそうだな・・・


この方式を色んなカード会社・プロバイダがやっている背景には、おそらくこれで収益が出るからだろう。

  • 月々数十円〜数百円の負担で顧客に対して保険のサービスを提供でき、顧客からも喜ばれる
  • 保険に興味ある顧客の情報を得ることが出来る
  • その情報を保険会社に渡すと、1件当たりいくらのインセンティブが発生する(ここは推測)
  • つまり、そのインセンティブ分だけで、肩代わりする保険料分ぐらいはまかなえる(推測)
  • 当然そのカード会社・プロバイダを解約してしまうと保険が無くなってしまうので、契約をつなぎ止める手段としても有効
  • あわよくば追加補償プランを契約する人も居て、さらに取り分が増える
  • 保険を受け持った会社も、契約者の情報を元にさらに保険を勧誘し、さらなる契約拡大が見込める。

などなど、挙げればきりがないが、勧誘した会社・実際に補償する保険会社、共にうまみがあるので、このシステムを導入して、ダイレクトメールを送ってくるカード会社・プロバイダが近年増えているのだろう。



ちなみに、セゾンカードの場合、契約はセゾンカードと行うが、実際に補償するのはチューリッヒのようです。約款に書いていました。




で、それらを踏まえた上で・・・まんまと則って契約し「無料」の恩恵を受けるか、取られる個人情報や今後の勧誘の面倒さを避けるため契約しないかは、毎回悩みどころ。
話の種・ブログの種には、1個契約してみるかなぁ。



ところで、色んな会社から定期的に送られてくるこの「フリーケア・プログラム」、当然それぞれに契約書が入っているんだけど、複数契約しても問題ないのかな???
例えば3社契約して、交通事故で5日以上入院した場合は、入院一時金合計90,000円もらえるものかな?気になる。