読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

黒崎会 第2回

今いる職場は、遠く離れた宮若市。ほとんどの人が車通勤のため、住んでいる場所がみんなてんでばらばら。博多方面だったり、北九州方面だったり、遠く太宰府方面だったり・・・
みんながみんな住まいが遠く離れ、車通勤ということもあり、職場での突発的な飲み会はほとんど行われない。これではストレスが溜まる。と、仕事をして色んな話をしてみると、北九州方面から通勤している人も身近にちらほらいることが分かった。
住まいの近くであれば飲み会もしやすいので、北九州方面の人たちで団結して、定期的な飲み会を開こうという話が盛り上がり、その開催地が自分のホームグラウンド「黒崎」に決定した。


そこで、この会を「黒崎会」と命名。今日は第2回目である。




基本的に自分のホームグラウンドなので、自分はいいお店をセッティングする立場。みんなが「黒崎って意外といいところあるね」「結構遊べるね」って思われるよう、心がけております。なので、黒崎でも有名・格質の高い店を中心に毎回チョイス。



今日の1件目は、まず食事。先週いったばかりではあるが、自社の料亭のような宴会施設「洞海クラブ」を予約。

ここは、なんといってもこの季節、庭に植えられた大きい桜の木が見所。まあ、今日は時期的にもう散りきってしまいかけていたが・・・。

そして、高級料亭のたたずまい。少人数であれば、離れで一軒家のような建物を丸々一棟貸し切りになり、周りの目や声を気にせずゆっくり酒を飲んで会話が出来る。今回はその個室を取ることが出来た。

みんな「すげーすげー」言って喜んでもらえた。自分も連れて行ってもらうまでそうだけど、こういうお店って若いうちはなかなか行かないよね。
残念なのは、自社の社員しか予約できない点。まあ当然のことではあるが・・・


料理は値段(3000円)のコース料理。値段の割に、量も多くおいしい。コストパフォーマンスに優れている。





お酒の価格も普通の居酒屋より安く抑えられており、今回は酒代入れても1人4000円も行かなかった。



そして2次会へ。今回は景気づけにということで、ハッスル体験!黒崎で有名な「テンプテーション」に。

[エンタープライズグループ] - テンプテーション
http://www.enterprise-f.com/krs_temp.html

フリー20分2000円なので、「とりあえず揉んでいきたいっ!」って景気づけにはもってこい。1人に1人必ず付いてくれるし。んで、20分で景気づけて帰るつもりが・・・他の人は思ったほか楽しんだみたいで、延長すると聞かない。しょうがなく、さらに40分4000円延長。自分はこの20分で充分だったのだが、仕方ない。



そこである程度テンションを上げ、次はクラブ「BAZAR」へ。
会員制で、部長や課長に連れられていったことはあったが、単体で行くのははじめて。部長の紹介って事で行ってみた。
ここは、黒崎でも1〜3位に入るクラブの名店。60分4000円で、以後15分ごとに1500円。今回はあらかじめ90分と伝えての利用。
店員さんの教育もしっかりされており、気持ちよくお酒を飲むことが出来た。すると、奥の方から見慣れた人の姿が・・・それは、この店を紹介してくれて、日々お世話になっている部長さんでした。まさか、同じ店で鉢合わせになるとは(笑)週末だし、考えることはみんな一緒ですね。
その部長も交えて、今の職場の人たちと色々情報交換。一応自社の上の人がいる状態なので、色々ヒヤヒヤする発言をする人もいましたが、部長さんもいい人なので楽しくお話しできたみたいです。



あっという間に90分が経過。部長からは「多少オーバーしてもいいぞ。差額は払うぞ。」と言われていたが、さすがに申し訳ないので、時間きっかりでお店を後にすることにした。



自分の接待?はここまで。あとはまったくのノープラン。
行く当ても(無いことはないが)特になかったので、黒崎一客引きが多い店で、とりあえず客引きにあってみた。閉店まで3000円カラオケ込みで良いとのことだったので、その店へ。そこでは、主にカラオケで盛り上がり、これで300円ならいいかなという感じだった。
ただ、残念だったのはお会計の際。現金が心許なかったので、自分がカード払いして、みんなから現金を徴収しようと試みる。すると、お店の方は「カード払いの場合、10%増しになります」とのこと。5%ならまだしも、10%は取りすぎだろ〜。カード会社に通報したろか?
店の名前は忘れたが、せっかく気持ちよく飲んでいたのに残念。ここで少し機嫌が悪くなる。結局ここは、全員で現金払い。



最後も、客引きにひかれて、キャバクラのようなお店へ。キャバクラ自体そもそも嫌いなんだよね・・・と思って入ったら、案の定ひどい店。客に聞くこと無く自分のドリンクオーダー(お店の娘にお酒を注文すると、一般的に1000円取られます)、その非常識ぶりに「俺は払わんぞ」というと「そういうひと珍しいですよね」とか、変な客いじりが始まった。これだから、教育とかされていないキャバクラとか大っ嫌い。
あまりにむかついたので、入店後金を払って10分も経たないうちに、自分だけ店を出た。お金払ってまで、気分悪くして酒は飲みたくない!だから居たくもない。みんなには申し訳ないが、さっさと帰宅することにした。
その接客姿勢と質の低さに、あまりにも腹が立ったので。



だめ、こういう店。



自分がいい上司に恵まれ、礼儀正しい店ばかり連れて行ってもらって、そういうのに慣れてしまったのが原因だと思うが、多少高くてもある程度質の良い店で無いと受け付けれなくなっている自分。昔の自分なら、こういうところでも充分楽しめたんだろうけど・・・今はもうだめだ。



そういう意味では、上司に感謝もしてますし、恨みもしますよ(笑)




そんなわけで、前半はおもてなしで、みんなに喜んでもらえて楽しい飲み会で会ったが、最後は気分悪くして帰ってしまった。勝手に帰って申し訳ないことしたな・・・とも反省。でも、譲れない一線もあるので・・・週明け、勝手に帰ってしまったことは詫びよう。



楽しい会が、こういう形の閉めになってしまったのが残念。