masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

警察へ出頭

ちょっとした用事があり、近くの警察に出頭してきた。



自首をしに・・・








ではなく、落とし物を拾ったからだ。


(ところでこの場合、出頭という表現でいいんだろうか?)




今日の早朝、カラオケからの帰り。まだうす暗い中歩道を歩いていると、何かのかたまりを発見。よくよく近づいてみると、それは財布だった。
見つけた以上このまま放置するわけにもいかないので、とりあえず拾う。しかし、オールの帰りでとにかく眠い・・・このまま警察に行く気力がない。

落とし主には申し訳ないが、一旦持ち帰り、寝た後に警察に届けようと思いながら帰宅。
帰ると落ちるように寝て、昼過ぎ帰宅。そのまま警察署に向かったという次第。



警察行って手続きしたけど、落とし物拾うって面倒だね。拾った場所を報告して、地図で詳細な場所を確認。中身を一緒に確認。書類こそ、免許証を提示したら担当の警察官が記入してくれたけど、聞き取りと記入が終わるまでは時間がかかる。


今回は免許証やクレジットカードなど、本人を証明するものが多数入っていたため、よくある「6ヶ月間持ち主が現れなかったら自分のものになる」という権利が、届け出た時点でなくなるとのこと。もらうつもりで届けた訳では毛頭無いが、一つ勉強になった。


また、謝礼などの連絡ために、個人情報を落とし主に伝えてよいかの判断を委ねられた。うーん、これは難しいなぁ。謝礼が欲しくないといえば嘘になるし、別に個人情報が知れるぐらい(氏名と電話番号)はどうってことないけど、「伝えてよい」に同意するって事は、「謝礼くれ」って言ってるみたいでなんかずうずうしいよね・・・とも思ったり。
「相手が謝礼したいといった場合のみ伝えてください」とも言ってみたが、そういう注文は受け付けられないらしく、落とし主が受け取りに来たときに無条件で「公表」か「匿名」かの2択しか無いとのこと。



まあ、自分だって人間。謝礼もらえたら嬉しいかなー、と、伝えてよいと回答。同意書欄に署名。



無事手続きが終わり、昼食を買って家に帰宅。すると、タイミングよく警察署から電話。「持ち主と連絡が取れました」とのこと。財布の中に入っていたどこかのお店の伝票に、携帯電話の番号が書かれていたのですぐ分かったそうだ。
自分だって財布落としたらめちゃくちゃ困るんで、とりあえず持ち主が見つかってよかったよかった。さぞ落とし主も安心しているだろうと、落とし主の気持ちが手に取るように分かった。



それからしばらくして、落とし主から電話がかかってきた。お礼の言葉と謝礼を・・・とのことだった。どうしようか迷ったけど、これも何かの縁だと思い遠慮がちに受け取ることにした。
自宅まで訪問してくださるとのことだったので、住所を伝え、来訪いただいた。改めてお礼を言われ、自分も拾った状況などで少し世間話をして場を和ませ、謝礼をいただいた。
連絡後、わざわざデパートまで買いに行ってくださったようだ。若い方だったけど、礼儀のしっかりした人だと感じた。


お菓子は早速いただきました。高級なお菓子でおいしかったけど、こんな高そうなもの、逆に悪かったなぁ・・・警察官と一緒に財布の現金確認したけど、お菓子だけで1割以上だし、ここまで気を遣ってもらうと申し訳ない。結果論だけど、これなら匿名の方がよかったか・・・


落とし物を拾ったのも、警察に届けたのも初めての体験。拾った側にも、匿名で届けるか色々悩みが生まれてしまうものなんだな。いくら1割もらえる権利があると言っても、今回のように気を遣って1割以上のものを謝礼で下さるいい方も世の中にはいらっしゃるわけで・・・



いずれにしても、いい経験が出来た。