読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

食べるラー油

以前我が家で「餃子の会」を開いたとき、買い出し先で偶然売られていた「桃屋食べるラー油」を購入した。

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g


今でも品薄だが、当時も品薄。買った店も、たまたま入荷したばっかりだったようで、タイミングがよかった。その後、初めて食べるラー油を食してみたが、一口食べて売れる理由がすぐに分かった。ラー油部分は、ラー油なのに辛くない。そして、中に入っているアーモンド・ガーリックなどの「固形具材部分」からは、甘さ、うまみ、まろやかさを感じ、そのままでも十分食べれるおいしさと食感。1本持っていると、ついつい何にでもかけたくなる中毒性、どれを取ってもすばらしかった。これは売れるのも納得。
食べるのはラー油部分ではなく、中の具材(ガーリックなど)だというのも、このとき初めて知った。


そんなわけで、僕も見事に「食べるラー油」にはまってしまった。特に桃屋のやつがおいしいと聞いていたので、その後スーパーに行くたびに探してはいるのだが、さすがにヒット商品。その日以来売り場で見かけることはなくなってしまった。同じ店にほぼ毎日行っても、売られることはなく・・・もう諦めた。



しかし、初「食べラー体験」から早数ヶ月、久々に食べるラー油が食べたくなった。初めて買った分もとっくの昔に無くなっている。そこで、スーパーに行ってみると、相変わらず桃屋のやつは並んでいなかったが、同様の製品でヱスビー食品の「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」というものが売られていた。



桃屋以外を食すチャンスと捉え、これを購入。早速家で試食してみた。味は、これまたおいしい。ただ・・・まあ、正直言って、桃屋のやつとあまり変わらないですね。グルメな人には違いが分かるかと思うのですが、自分のような馬鹿舌には、「食べるラー油」の分野のものであれば、どのメーカーでもよいようです。


ご飯にかけて食べると至福の時。ラー油部分がかかりすぎないように注意をする必要がありますが。


桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g