読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

我が家のリビングLAN事情

PC 買い物

最近では家電でもLAN接続対応の機器が増えており、ネットワークの利用が活発になってきている。
それに伴って、必要なLAN線やハブのポート数も増えている。
ネットワークが使用できること自体は、色々と便利なんだけど。


我が家の場合、リビングにTVなどのAV機器、そしてメインPCを置いているため、近い距離にネットワーク対応装置がかなりある状態。
そのおかげで、リビングに設置した8ポートハブでは口がいっぱいいっぱいの状態になってしまった。


ちなみに今はこんな感じ。全部埋まってしまっている。

その内訳は

  1. ルータへのカスケード
  2. 液晶テレビ(インターネット接続用)
  3. 液晶テレビ(ひかりTV用)
  4. ブルーレイプレーヤー
  5. リビングPC
  6. 複合プリンタ
  7. メインPC(NIC1)
  8. メインPC(NIC2)

といった感じ。
これでいっぱいいっぱいなのだが、さらに「サイバーナビのリビングキット」用のLANを接続するポートがなくて困っていた。利用頻度は低いが、毎回どれかを抜いて挿すみたいなことは面倒だし・・・


それに、これからさらにネットワーク対応家電が増えていくことは目に見えているので、8ポートでは限界と判断。ポート数を増やすことにした。
ただ、16ポート用は値段が跳ね上がるというのと、既存の8ポートを無駄にしたくなかったので、投資費用を抑えるためもうひとつ8ポートハブを買うことにした。


近くのベスト電器で、バッファローの8ポートハブ「LSW-TX-8NS」が処分価格1500円と安くなっていたので、これを購入してきた。

BUFFALO LSW-TX-8NS

BUFFALO LSW-TX-8NS



これに決めた理由は、下記の通り。

  • 電源内蔵のため、ACアダプタなどのかさばる部分がない
  • 既存の8ポートハブを上に乗せる予定なので、磁石が付くよう金属製のほうがよい
  • TV台は金属製じゃなく、固定する場所がないので、ハブ自体を重いものにして棚に置きやすくする(軽いハブはケーブルの「より」によって簡単に裏返ってしまう)

早速接続の見直し。既存ハブから1本抜いて、カスケードで新しいハブへ接続。そして、新しいハブに先ほど抜いた1本と、これまで挿し込めなかった1本を接続。
最後に、2段重ねにして完了。



TVラックにもしっかり置けるようになったし、とりあえず満足。
しかし、どんどんLAN対応機器が増えてくるだろうな。そのうち冷蔵庫や電子レンジにも搭載されてくるかもね。


BUFFALO LSW-TX-8NS

BUFFALO LSW-TX-8NS