読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

モヤさまの音楽

TV

最近モヤモヤさまぁ〜ず2のDVDを借りてきて、寝るとき見ている。


テレビ放送は、偶然録画された(キーワード「さまぁ〜ず」で録画予約している)正月の初回放送から見ている。さまぁ〜ずと大江アナのやりとり、および素人との掛け合いが相変わらず面白い。
んで、テレビ放送を見ている人のほとんどは気づくと思うのだが、テレビ版とDVD版で色々と音楽が違う。

テレビ版では、挿入歌やBGMなど、適材適所にあった色んな曲を当てこんで、それ自体も面白さを醸し出しているのだが、そのほとんどがDVD版では差し替えられている。テレビ版で使用される曲は、洋楽・邦楽・アニメ・テレビ番組などなど、演出を盛り上げるのにぴったりな曲(例えば、ドラゴンボールをリサイクルショップで見つけたときは、ドラゴンボールのOP曲が流れる、といったもの)がかかって、面白い。


これは、どう考えても著作権関連だろう。テレビ放送とDVD収録じゃ、払う著作料も違ってくるらしいからね(テレビ放送は包括契約のため、どれだけ使っても定額、らしい)。DVDは形に残るものだから、それとは別の支払いになって、しかも高いのだろう。


多分、差し替えられた音楽はフリーの音源か、職業ミュージシャンが新たに作っているかだろう。
本当はそれらの音楽も収録して欲しいものだが、それらの著作料を払うと当然DVDの価格が上がってしまい、最初から「DVD販売ありき」で作ったと思われるこの番組では、DVDが高くなって売れゆくが落ちると困るので、苦肉の策だろうと思う。


そんな中、一番残念なのがオープニングでも使われ、テーマソングとも言える曲。これが使われていない。
曲が気になって調べてみたら、Toy Dollsというバンドの「Dig That Groove Baby」という曲らしい。

「モヤさまと言えばコレ!」ってぐらい印象的な曲なんだけど、これさえもDVD版では別の曲になっているのは非常に残念。まあ、洋楽は、邦楽を使う以上に権利関係が複雑だったり、費用がかかったりするって聞くし、しょうがないかな。


他にも、取り上げた場所を離れるときに流れる曲も全く違っており、印象が全然違う。カントリー風の曲でいい味出してるのに、残念だなぁ。



・・・と、DVD見始めてた頃は思っていたが、何十回も見ていく内に次第に慣れてしまった。もちろん今でもテレビ版も見ているのでギャップは感じるのだが、「これは別物」としてうまく切り替えて見れるようになった。慣れって怖いね。



あと、DVD版ではカットが多すぎる。これは多分、DVDの尺の問題と、紹介した店や出てくれた人からの了解を得れなかったなど「肖像権」の問題が関連しているんだろうね。
それでも、その回を見ていなかった人にとってはどこがカットされているか分からない訳で、面白い部分はたくさん残っているので十分楽しめる内容だとは思う。ただ、リアルタイムで視聴しているファンからすれば、是非全部残して欲しいよなぁ。


「モヤさま」に捨てるシーン無し!


モヤモヤさまぁ~ず2 VOL.1 伝説のお正月SP”北特集編” [DVD]

モヤモヤさまぁ~ず2 VOL.1 伝説のお正月SP”北特集編” [DVD]


Dig That Groove Baby

Dig That Groove Baby