読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

大量のサツマイモ

食事

去年の秋頃、会社のバスハイクという行事で芋掘りに行った。その時のさつまいもが、まだ大量に残っていた。もう1年近く経つというのに・・・
多少スカスカとなり、芽も出始めているが、このままでは腐らせてしまってもったいないので、一気に料理して処分することにした。
大量に使うには煮物がよいと思い、レシピを検索。おいしくてちょうどよさそうなものを発見。

鶏とさつまいもの南蛮風 | ホームクッキング【キッコーマン
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.php?numb=00000498
  1. 鶏もも肉は一口大のそぎ切りにし、(A)をふり下味をつける。さつまいもは5〜6cm長さの拍子木切りにし水にさらす。さやいんげんは半分の長さに切る。玉ねぎはくし形に切り、赤唐辛子は種を取って半分に切る。
  2. 揚げ油を中温に熱して(1)の鶏肉に薄く小麦粉をつけて揚げる。
  3. さつまいも、さやいんげん、玉ねぎを素揚げにする。
  4. 鍋に水2カップと(B)、赤唐辛子を合わせて煮立て、(2)と(3)を入れてアクを取りながらひと煮する。

これはいい。
さっそく、大量にあるサツマイモを亀の子たわしで泥を取り、洗浄。ざく切りにして水にさらした後、素揚げ開始。
同時に、冷凍庫に眠っていた鶏肉を切って、小麦粉を付けて揚げた。さやいんげんはないので割愛。
料理中の様子はこんな感じ。

鍋いっぱいのサツマイモ!


この後、全部を入れて煮込んで完成。サツマイモはやはり、中身がややスカスカだったが、全然食べれるレベル。甘みがあり、唐辛子のピリ辛さと、たまに入っている鶏肉の歯ごたえがマッチして、非常においしかった。


夕食で食べた分以外は、タッパに小分けして冷凍。夕食作りが面倒な平日に食べることとしよう。タッパ6個分もあったけど・・・