読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

液晶テレビの値下げ幅がすごい

買い物 Web

そろそろ液晶テレビが欲しいのだが、先日エアコンの故障をローンで買ってしまったので、しばらくは買えないことになってしまった。とはいっても、欲しいものは欲しい。せめて、動向だけでも把握しておかなければ。
ということで、欲しいメーカー・インチぐらいは大方目星をつけている。
まずメーカーは、なんと言っても東芝「REGZA
機能面において、REGZAほどメカ好きを刺激する仕様は他にはない。

  • 豊富な入力端子(コンポジット3〜5系統、HDMI3〜4系統)
  • 内蔵HDDに録画ができ、容量満タンになったら自動的に削除してくれる(削除防止や機能OFFにも出来る)
  • USB-HDDやNASなど、PC用外付けHDD、LAN型HDDが接続でき、録画できる
  • PT2の録画ファイルが再生できる

などなど、マニアックな機能・仕様がすばらしい。
その結果、REGZAはかなり売れているらしい。その辺の詳細は、下記記事にも記載されている。

「東芝だけが黒字」な理由、テレビ事業復活の舞台裏(上)(1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/f39f76d4fe119f431e443cf2635af4da/

こだわりは、機能、画質、デザイン、あらゆる面に貫かれた。たとえば外部端子。コスト優先なら2系統、商品性を考えると3系統は欲しい。1端子分のコスト増は100円玉程度になる。猛烈な議論の末、3系統に決定した。画像用LSIでは、半導体設計者が大量の機能を詰め込み、「趣味で作るな」と批判が出たが、「本物を作る」と封じ込めた。 結果が出なければ、それは単なる自己満足と戦略ミス。だが、レグザは評判を上げ、大ヒットとなった。


映像面においても、バックライトがLEDタイプなら画質がかなり綺麗。液晶パネルは他社のものを採用しているが、仮に自社で開発していたとしても今からでは他社よりは劣るわけで、それを下手に使うよりも性能のよい他社のものをつけることで綺麗になるなら十分いいこと。
これは、元々情報収集をしている中で、今TVを買うならREGZA1択だよねって自分の思い。そして、ちょっと前に実家から「テレビ買おうと思うんだけどどこがいいの?」という相談を受けて「REGZAしかない」と勧め、親が実際に売り場で見て比較してもREGZAを気に入り購入。帰省したときに実物を見させてもらったが、やはり画像が綺麗で感動。


これらの理由で、REGZAのLEDバックライトモデルをターゲットに絞っていた。しかも、どうせ買うなら一番大きい画面「55インチ」に狙いを定めた。
その結果、現時点で欲しくなったのが「55ZX9000」。これをリビングに置いたら、かなりいいテレビライフを過ごせるなーと妄想。


・・・とまあ、理想はこうなんだけど、最初に書いた理由で当面は我慢。値段も30万以上するし、なかなか手が届かない。
そのとき「30万切ったら考えてやらないこともないけどなー(どうせ無理だろうけど)(まあ金無いし)」と高をくくっていたら、ここ数日で一気に値下がりが

価格.com - 東芝 REGZA 55ZX9000 [55インチ] 価格比較
http://kakaku.com/item/K0000058973/


7月初旬には最安値34万くらいだったのが、7/14のお昼にはなんと30万円に。その数十分後、最安値は30万円を切って29万8千円
価格.comの最安お知らせメールを登録していたので、すぐアラートが届いた)

そこから、他社が下げれば数分以内にすぐ他社が10円20円、時には1000円単位で値段が下がっていった。ページをリロードするたびに、最安値が更新される状態。
7/15には29万3千円まで下落。7/16にはなんと29万円
そして今日7/16には28万7千円。30万円を基準として考えても、3日で1万円以上安くなっている。30万円台のものだから値下げの金額も当然大きくなるのだが、買う方にとって1万の差は大きい。その値段でBDプレーヤーやテレビ台の購入資金に充てたりできるわけで。



こんなに急激に値段が下がっていけば、「この値下げ合戦はいつまで続くのだろう・・・」と思うと同時に、「値下げ合戦が終われば急激に高い値段に戻るのでは」と、買うつもりはないのに不安に。実際、この機種は生産完了が近いことを聞いているし、最安値レースに参加しているショップも、売り切れて途中で脱落した店舗を1日1〜2件見かけている。競合相手がなくなったら、また値上がりするのは目に見えている。
そうなると最安値レースの様子が四六時中気になり、ちょくちょく値段のチェックをするようになった。そして、「底値の時に買いたい!」と思うようになり、気分は急激に「買いたいモード」に。
ローン組めばなんとかなるさ。しかし、どうせ買うなら一番安いときに買いたい。でも、買いたいショップ(ショッピングローンと延長保証を取り扱っている店)が売り切れになるのは怖い。



まさにチキンレース。気分はもう「買いたいモード」まっしぐら。
もしかしたら今週末あたり、見切りをつけて注文しちゃうかも。