masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

DVDドライブ買い換え

先日から行っている録画番組の編集で。最終的にはDVDビデオにしたいが、高画質で残しておきたいため、DVDの2層メディアに書き込むことにした。
互換性を考えればDVD+R DLなのだが、まだまだ値段は落ちていない。1枚100円以上はする(品質を考えて三菱化学製にすれば)。
そんな中、AmazonでDVD-R DLメディアがかなり安くなっていた。


1,088円で送料無料。1枚約100円と2層メディアとしては安い。
DVD-R DLはROM化できないので互換性の不安があるものの、まだDVD-R DLメディアは使ったことがないので試しに購入して使ってみることに。
到着後、手持ちのDVDドライブは「DVD-R DL」に対応していたので読み込ませてみたが、全くメディアを認識しない。ちなみにLITE-ONの「LH-18A1P」。
ファームウェアも最新だし、うーん。


このままではせっかく買ったメディアが無駄になるし、DVDドライブもだいぶ年季が入ってきたので、ここらで買い換えを決意。
色々調べていたら、AD-7200Sがそこそこよさそう。それを搭載した製品が色んなメーカーから発売されていたが、アイオーデータから発売されている「DVR-S7240LEK」が3000円を切っていて安かったので、これを購入。本日届いた。

I-O DATA Serial ATA対応内蔵型DVDドライブ DVR-S7240LEK

I-O DATA Serial ATA対応内蔵型DVDドライブ DVR-S7240LEK




初めてSerialATAのDVDドライブ。SATAのDVDドライブが出た当初は、書き込みに失敗するなど互換性に難ありと聞いていたので敬遠していたが、それから時間も経ったので大丈夫だろうと購入を決意した。


早速取り付けて、DVD-R DLメディアを入れると、問題なく認識。書き込みも成功。これで快適に使用できそうだ。


改造ファーム導入

と、ここからはNECドライブ(今はDVDドライブ事業はSONYと合併したが)おなじみの「改ファーム」の導入へ。
※ここから先は自己責任です。最悪ドライブが使用できなくなります。
色々試したり調べたりしてみたが、どうもアイオーデータ版AD-7200Sは、+Rメディアに対して強制ROM化してくれない様子(確証はない)。なので、改ファームを入れて、強制ROM化が出来るようにすることに。

改ファームは下記サイトよりゲット。

Liggy's and Dee's Optiarc 7200, 7201 and 7203 firmware
http://liggydee.cdfreaks.com/page/en/Optiarc-AD-7200A/

この中から「Liggy's AD-7200S Bitsetting Firmware」をダウンロードし、下記「Binflash」ツールで書き込み。

Binflash - Universal firmware flasher for binary firmwares
http://binflash.cdfreaks.com/


これで、DVD+RおよびDVD+R DLメディアに対して、ROM化するかどうか変更が可能となった。
書き込み速度も速くなったし、ドライブも安かったのでいい買い物をした。