読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

GWの帰省 with GPSロガー

travel M-241

今年のゴールデンウイークは今日から。
早速、北九州から実家宮崎へ帰省。いろいろあって今は長距離運転ができないので、正月に引き続き今回も電車で帰省。

元々JR九州のネット予約で指定席をとっていたので、窓側の席をキープ。切符を受け取ったら3両目だったので、コンセントがなくて残念だったが。(コンセントがあるのは2両目)
12:32、ソニック21号に乗って黒崎駅を出発。ただ、さすが連休初日。前回は通路側の席は空席だったが、今回はさすがに隣に見知らぬ人が座ってきた。少しプレッシャー。

でも、天気は快晴。見える景色はきれいなもの。

今回は、ちょっと前に買ったGPSロガーなるものを持ち運んで電車に乗った。


簡単に説明すると、数秒おきにGPSで位置を取得し、どんどん位置を記録してくれる装置。その保存データはPCから取り出せ、Google MapやGoogle Earthと連携させて、移動した履歴を見ることができる。つまり、これを持ち運べば、どのように行動したかわかるというもの。
登山家などが愛用しているらしいが、ちょっとおもしろそうだったので買ってみた。


んで、GPSロガー本体は当然GPSのポイントをどんどん記録してくれるのだが、それと同時に、このM-241というGPSロガーをUSBでパソコンに接続して「スーパーマップルデジタル」という市販ソフトをインストールして連動設定しておくと、M-241がGPSレーダーに変身する。すると、リアルタイムの地図をスーパーマップルデジタル上でみれるようになる。

スーパーマップル・デジタル 10 全国版

スーパーマップル・デジタル 10 全国版


すぐ手に入れたい場合は、Vectorダウンロード販売にて入手できる。自分はこちらで前日に入手。
スーパーマップルデジタル10 広域日本システム

スーパーマップルデジタル10 広域日本システム


スーパーマップルデジタルでM-241を使うときの設定は、

  • 機種:NMEA WGS-84 出力タイプ
  • 接続ポート:デバイスマネージャより「CP210x USB to UART Bridge Controller(COM XX)の「COM XX」に設定
  • 設定画面から、[地図・その他]タブの「GPS機器との通信速度」を「38400」に。

と設定して、GPSナビゲーションの「開始」ボタンを押すと、リアルタイムにGPSデータを取得して地図データを表示してくれる。まるでナビの地図表示のような感じ。
(クリックで拡大)


PCにこのシステムをセッティングして、電車内で常に地図を表示させていた。


M-241はGPS観測の結果から速度も出してくれる。

これで現在地を知りながら電車の旅ができたので、これはこれで面白かった。


そして、約5時間後の17:13。無事宮崎駅に到着。
上記のリアルタイム地図表示とは別に、実家に帰ってからM-241が記録していたGPSのポイント情報をPCに取り込み、それをGoogle Mapにアップロードして、移動結果を表示させてみた。

より大きな地図で 黒崎駅〜宮崎駅 を表示

こんな感じで見て遊べるから、単なる旅も「どんなルートで行ったのだろう」「どこに立ち寄ったのだろう」というのが、カーナビがなくても『旅歴』が分かって楽しくなると実感した。


んで、肝心の電車の旅の方はというと・・・
電車でも場合によってはまだ神経症の症状が出て気分が悪くなるので、昼からで躊躇したが気を紛らわすため酒を飲みながら過ごした。こうしたら平気なんだよね、よくないことだろうけど。
途中別府でにちりん15号に乗り換え。そこからは人が少なく、指定席で窓側・通路側には人がおらずゆっくり過ごせた。
運転で帰るのと違って、神経の使い具合が全然違うから、快適でいいね。でも、早く車であっちこっち行ける体に戻りたいな。