読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

自動車保険更新 団体保険の威力

CAR

車にかけている任意保険の更新の季節がやってきた。今年も例年通り、代理店から保険の見積書が送られてきた。
もうすでに10年以上契約しており、一応事故無しで年々安くはなってきているが、不景気の中、自動車保険の金額もバカには出来ないので、可能なら少しでも安くしたい・・・と思っていると、職場の人から「団体保険に切り替えたら安くなるよ」とアドバイスを受けた。
なので今年から、団体保険に切り替えてみることにした。




最初に契約をしたのが学生時代のため、代理店は宮崎で、こちらは福岡とかなり離れており、年に1度更新の時期だけ、重要事項の説明のため代理店の方と会話をする程度。
しかし、知人に紹介してもらった代理店ということもあって、同じ代理店でずっと保険の更新をしていた。


今回どのように団体保険に切り替えるかというと、今まで入っていた「東京海上日動」はそのままで、払い込み方法を「団体扱(給与控除)」、払込先を「会社の福利担当会社」に変更するというもの。そのため、団体保険に切り替えても保険会社や契約内容、保障はまったく変わらないのだが、唯一変わるのが代理店。切り替えをしてしまえば、これまで付き合いのあった代理店との関係は無くなってしまう。



僕が初めて車を買ったときから付き合いで、これまでお世話になった代理店だったので最初は切り替えるのを躊躇したが、給与が減ってきている今、生活がかかっているので背に腹は変えられない。すこしでも安くして生活を安定させたいため、残念ながらお別れをすることに。これまでありがとうございました。




そして、早速団体保険に切り替える旨を福利担当のグループ会社に連絡し、見積もりを作成してもらった。
ちなみに、車両保険もかけており、車種はエアウェイブ。等級は、15等級で55%割引。
まず、同じ代理店で更新した場合の保険料(および条件)はこちら。
(クリックで拡大)

  • プラン1:104,560円
  • プラン2:103,650円


そして本日帰ってきた団体保険の見積もり。条件は全く同じ。
(クリックで拡大)

  • プラン1:94,080円
  • プラン2:93,240円


なんと、年額1万円以上も安くなったではないか!
「団体扱い割引」として、さらに10%割引されているようだ。さすがにこの差は大きい。しかも、形式上は給与控除で毎月払いなのだが、実際は団体保険をとりまとめている部門が年額一括払いをした上で、従業員に12ヶ月分割して請求しているため、月払いにしても割り増しにならないという特典付き。



団体保険ってすごい。1万円の差は、このご時世非常にありがたいです。もっと早くに切り替えておけば良かった・・・