masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

ブログは続けた方がいいなとつくづく思った

久々にブログ再開。
これまでも「再開したいな〜」とは何度も思っていたが、ここで一念発起!頻度が急激に落ちて2年も経ってしまっていた。
再開した理由は、ここ最近特に「ブログは書き続けた方がいい」と感じるようになったためだ。
どういうことかというと・・・
ブログを毎日書いていた時期のことを思い出す。
あの頃は、定期的に自分のことを文章にすることで考えをまとめることができ、同時に言いたいことを発散できていた。また、文章を考える際に言葉を選んだり、適切な言葉を思い出したりして、語彙やボキャブラリーがある程度充実していた。言葉が出てくるスピードもそこそこあった。
しかし書かなくなって2年、どうなっただろう。
まず、人と会話をするときに自分語りが多くなった。ブログという発散の場がなくなったため、自分の話を必要以上に他人にすることが多くなった。しかも、とりとめもなくまとまっていない話が多い。
それから、会話に困るようになった。1日1ネタは考えてブログを書いており、しかも自分の中で一度まとめた話であったため、会話でさらっと出てきてスムーズなやりとりができたり、スピーチをする場で「あの日まとめたネタをしゃべろう」という候補がすぐ考えついたが、今は同じ話題を繰り返すばかり。何かネタにならないか、毎日アンテナ張ってた時期よりは明らかに話す内容がなくなっていた。これが、前者の「とりとめのない自分語り」にも繋がっていたのである。
また、人の悪口も多くなった。これも、会話に困ることが多くなった+ブログという発散の場がなく何でもしゃべりたがりになってる+同じ悪口を言うにも言い方もあるだろうに表現力が落ちているので直球過ぎる、などなど、すべてが繋がっているように思う。
最近では、会話の中で「まるで○○だよ」とかの「ここにどんぴしゃであう一言表現」の言葉とかがなかなか出てこない。年のせいもあるだろうが・・・


そういう訳で、文章力・表現力・普段の会話でまとまりのある話をするためにも「ブログは続けた方がいいなとつくづく思った」ということです。



自分を見つめ直したときそんなことを痛感し、「このままではいけない!」と強く感じたため、がんばって再開してみることにした次第。自分の場合、このままでは人間関係に問題が出そうだったので、また一から会話や文章について「ブログを通じて」勉強するつもりです。
悪口はよくないよね・・・言うつもりなくてもついつい出てしまい、家に帰ってから一人で「何であの時あんな表現で悪口言ったのだろう・・・」と反省しっぱなしです。

関連
ブログを更新するタイミング
http://d.hatena.ne.jp/masahiror/20051114/p1