読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

ワールドシリーズ鑑賞

町田の「109シネマズグランベリーモール」に出かけた。「グランベリーモール」はどでかいショッピングモールで、カップルだらけだった。

んで、その中にある映画館に行ったわけだが、目的は・・・



木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を見るため!



すんげー楽しみにしてた映画。先日はこの映画のチケットも懸賞で当たったし、「観ろ!」といわんばかりの状態。

レイトショーだったので、客は少なめだった。それでも、映画の方は、最高!超面白かった!やっぱキャッツの世界観は最高だよ。
前回の「日本シリーズ」では「奇跡の映画化」で、どちらかというとファンのためにお祭り騒ぎな感じで大いに盛り上がる内容だったわけだが、今回は原点回帰で、キャッツ本来の面白さが前面に出ていてよかった。一般の人でも分かる笑いもあれば、ずっと観てきた人にしかわからない笑いもたっぷりあって、最後はしんみりする内容ながら、見終わった後ほんわかな気持ちになれる後味のよい映画だった。
客が少なく、日本シリーズのときの先行公開で感じた「見知らぬファン同士の劇場での一体感」はあんまりなかったが、それでも笑いのツボはほとんど同じで、観客席から笑いがたくさん起こっていたのは楽しかった。これだけ笑える映画もそうそうないし、キャッツはこうやって劇場で笑いが共有できるのが一番の醍醐味。


あんまり書くとネタバレになるので控えたいが、ともかく楽しくて見ごたえのある映画。もちろんファンからの目線なので、ひいき目で見てるだろうけど、大満足。


木更津キャッツアイ初見でも楽しめるだろうが、ドラマ・映画1作目を全部観てから見に行くことを強くオススメする。特に、ドラマは序盤1〜3話目あたりまでかなり取っ付きにくく、最初は面白さをさほど感じないかもしれないが(自分もそうだった)、何とか頑張ってそこまで観れば4話目あたりから一気に面白く感じるようになる。あとは、キャッツの世界におのずとハマってくるだろうから、ネックは「ドラマの最初3話ぐらいまで」だ。かといって、4話目から観ても話は見えないし、やはり頑張って観るしかない。


しかし、ドラマから予想外の映画化、そして3年後のさらなる映画化と奇跡の連続で、時間軸も結構ややこしい映画なのに、一応全部がちゃんとつじつまが合ってたので、やっぱクドカンはすごいなぁと思った。狙ってやったとは思えないし、発想の才能が飛びぬけてすごいんだろうね。改めて感心した。



木更津キャッツアイの公式ページにある、出演者&スタッフの「インタビュー」を映画の前に見て心を躍らせていたのだが、映画を観た後に改めて読むと、観る前と後でまた違った印象を受けて非常に読み応えがあった。

TBS | 404 NotFound
http://www.tbs.co.jp/catseye/interview/index.html