読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

W41CAへ機種変完了

携帯

機種変のため注文していたW41CAが今日届いた。結構売れている機種らしく、注文してから3週間近くかかった。ここ4年での機種変3回は、全部ショップではなく通販で機種変している。



東芝の「A5506T」からの乗り換えである。操作性は気に入っていたので、次も東芝にしたかったところだが、対応の悪さとW41TのHDD搭載モデルはモックを見に行ったらあまりにも分厚すぎたので、こちらにした。
薄くていい感じ。設定メニュー等の並びや設定方法は、東芝機に近かったのですんなり移行できた。

気に入った点

  • 画面が大きい

何といっても画面が大きい!ワイド画面は作業スペースが広くなっていいね。

  • デジカメが綺麗&機能豊富

液晶を上にして閉じれば、まんまデジカメになる。甘押しでオートフォーカスになって、強く押して撮影はほとんどデジカメ。撮影も綺麗だし、カシオのデジカメに搭載されている「ベストショット」「ビジネスショット」などの機能もあり便利。

  • 内蔵データ容量が70MB

前のA5506Tは4MBだからなぁ・・・しかもminiSDにも対応。

  • アニメーションが楽しい

カシオ携帯のキャラ(「カシペン」というらしい)が、待ち受けやデータ送受信画面などで常にアニメーションしている。待ち受けは、携帯を開くごとに内容が変わり、データ送受信(メールやEZWEBなど)や着メロ再生なども、このキャラクターが出てきてアニメーションの内容も違う。操作していて楽しい。

  • アプリが動いている感覚がない

動作も速くなって、サクサク動く。何といっても、BREWアプリを「起動する」という感覚でがなく、シームレスに動くので「クリックしたら切り替わった」という感じ。例えば、BREWアプリ動作からリンクを開くとEZWEBの画面に切り替わるが、それを終了させると先ほどのBREW画面に戻ったりなど、この辺のアプリの切り替えもスムーズ。

  • アラーム設定の繰り返しに「平日」がある

目覚ましなどに使われる「アラーム機能」。東芝も昔は「平日」を用意していたが、今はなく、鳴らしたい曜日を選択しなければならない。祝日などでもアラームが鳴って大変なので、「平日」が選択できるのは嬉しい。もちろん「曜日」も選択できる。

WIN初体験なので、多分WINとはこういうものだと思うが、PCのブラウザのようにクリックしたら瞬時に次の画面が表示されるので巡回が楽。もちろんダウンロードも1Xより高速。

  • 回転式液晶なので、写真が撮りやすい

液晶を裏返して横に構えれば、まんまデジカメ。両手で押さえやすいので、撮影も綺麗にできる。液晶を裏返すので、真正面から撮影しやすい。

気になった点

機種固有の気になった点というより、東芝からカシオに乗り換えて、機能がないor操作が違うので困った点。

  • 「待ち受け画面→数字長押し→アドレス帳表示」がない

これは不便。例えば、画面を開いて真っ先に「2」を長押しすれば、アドレス帳の「か行」が表示されるといったものだが、この機種にはない模様。

  • 1ページスクロールが「↓キー」の長押し

これも常用していたので非常に不便。東芝の場合、EZWEBなどの画面で1ページ分スクロールしたい場合(PCのキーボードで言うところの「PageDown」キー)、十字キーの左右下にある「EZWEBキー」と「メール」キーで可能だったが、この機種の場合、EZWEBの設定で「スクロール設定→ページスクロール」とした上で、実際に1ページするロールさせたい場合は「↓キー」の長押しとなる。これが行き過ぎたり、止めたいところで止めれず不便。「3ページ分スクロールしたい」という時に必ず行き過ぎてしまう。

  • 充電機のコネクタが横にある

ケーブル直付けで充電しながら操作すると、非常に邪魔になる。

  • EZWEBの「お気に入り」に文字サイズの変更が適用されない

EZWEBを見るときは、文字サイズを「極小」に設定しているのだが、お気に入りの画面はデフォルトの「中」で表示される。東芝は文字サイズの設定をお気に入りにも引き継いでいたので、リストがいっぱいあると大きすぎて逆に見難く探しにくい。

  • 背面液晶がない

回転する液晶が売りなので仕方ないが、背面に液晶がないので時計の確認はいちいち開かなければならない。着信も開かないと分からない。ポケットからちょっと携帯を出して時計や着信を確認したい場合に、わざわざ携帯を開くのは・・・まあ、慣れが必要か。せめて1行程度のシンプルな液晶でも搭載してくれれば、開く回数も減るんだけどなぁ。東芝はそれに加え「カチャブル」という、着信があった状態でふたを開くと振動する機能があったんで、液晶見ずとも着信が確認できて便利だった。
今回は、ブログのために写真を撮る機会が増えたので、

    • デジカメ機能重視
    • 最新の機種

を基準にこの機種を選んだから、ここは我慢するしかない。



赤外線機能も付いた。自宅のノートPC「SS3500」には赤外線ポートがついており、付属のUSB以外にも赤外線でファイルのやり取りが出来るので便利。
他にも、Ez Felica対応。残念ながら自宅近辺で使える店は少ないけど、初の「おさいふケータイ」機能を手に入れた。これもぜひ使ってみたい。
総括。A5506Tはさくさく安定して、初めて手に入れたときは感動したものだが、久々に機種変すると、さらなる進化に再び感動した。携帯の進化ってすごいね。



ところで「回転式液晶」と言えば、うちには回転式液晶のタブレットPC「SS3500」があった。これで我が家の回転式は2台目だ。



電池の残量が少なくなると、カシペンのアニメーションが変わって電池容量を教えてくれるのが面白い。

参考
W41CAまとめサイト @Wiki
http://www8.atwiki.jp/w41ca/