masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

最近どうも怒りっぽい

最近どうも怒りっぽい。
大体原因は分かっている。それは、別に他人がどうこうとか仕事がどうこうとか、、、という訳ではない。
僕は1年半仕事を休職してたわけだが、その頃から飲んでいた薬を徐々に減らし、今年1月から苦労の末まったく飲まなくなった。多分これが原因。徐々に減らすまではうまくいったのだが、最後の寝る前1錠だけが減らすことができず、それを1年ぐらい続けていた。その1錠は眠剤なので、どんなに軽いものでも依存性がありいきなりはやめられない。急にやめると逆に反動でより悪化したりする。
そんなこんなで長いことやっていたのだが、最近は体調もすこぶるよくなったし、何よりちゃんと眠れるようになった。逆に、その軽い1錠でも翌日に残って辛いぐらいであった。(ちなみにその1錠とは「レンドルミン」という薬で、睡眠薬というより入眠剤といった感じで結構軽い方。しかも、2錠1セットで飲むことがほとんどなので、それが1錠だとさらに弱い。)
このままではいつまでたってもなくすことができないので、先月思い切ってやめてみた訳である。やめて数日はかなり大変。依存性もあるおかげで、飲まないとまず寝れない。今まで何度か、薬の予備が無くなったり、泊まりに行った時に持っていくのを忘れたりしたことがあったが、とにかく眠れない。寝ても1時間おきに目が覚めたり、頭は起きたままで寝た気がせず翌日がつらい。昼寝をしても、飲んでないからすぐ目が覚めるし、覚めたら激しい動悸がする。
それを覚悟でやめたものだから(まあいつかは通らないといけない道だけど)、1週間ぐらいは本当に寝た気がしない。仕事にはきちんと朝、定時に行くものだから、仕事中もとにかく眠い。
そんな戦いを1週間ぐらいしていたら、徐々に依存性が抜けていき、普通に寝れるようになった。ただ、その頃から色々弊害が出てきた。

  • とにかく眠い

薬を飲んでると、深い眠りは得られてたので3〜5時間ぐらいの睡眠でも、よく眠れていた。今は、普通に寝れるものの少し浅い。なので、睡眠時間がおのずと長くなり、今は7〜〜8時間寝ないと次の日がかなりつらい。

  • 怒りっぽい

そしてこれ。眠剤によって深い眠りが得られてたこともあるが、同時に精神的な安定も与えてたみたいで、無くなってからは感情の起伏が激しくなった。といっても鬱の起伏とは違って、単にすぐカッとなりやすくなった。眠剤は感情さえも殺していたんだろう。
それ以来、最近はちょっとしたことでムッとしたりそれが態度や発言に出たりして、なんとなく自己嫌悪。ああ、もっと人付き合いあるんだから後先考えろよ自分とか思っちゃうけど、単に昔の自分に戻ったような気もするし、元々短気だったから正常になったのかもと思ったり、でもその性格のせいで過去トラブル起こしてきた経験もあるからこれじゃいかんとか思ったり、今は何かと大変。
人間関係は大事に保たないとね。カッとなったら一息置く努力をするようにしようっと。



余談:薬について

これはうつ病患者に多いことだが、何かと飲んでる(飲んだ)薬の名前を自慢げに書きたがる。別に悪いことではないし、それ自体がうつ病の症状のひとつともとれるし、もちろん自分も例外ではない。
と前置きをしておいて・・・一時期、一番ひどい頃は以下を全て、大量に飲んでいた。他人が見れば「だからなんだ」って情報だけど、記録として残しておく。

まさに薬漬け。でも、これぐらい飲まないと本当に生きていけなかった。この量が半年ぐらい続いて、あとは自分で調整して徐々に減らしていった(もちろん先生に自ら「減らしていきたい」と相談しながら)。減らすたびに苦痛を伴いきつかった。そしてさらに1年かけて「就寝時 レンドルミン0.25mg×2錠」だけに減らし、さらに半年かけてそれを1錠に減らし、そしてさらに1年かけて今回の「ゼロ」になった訳だ。発病してから、おおよそ完治して現在の薬ゼロになるまで約3年かかった。長い。
結局、こういう薬って医者は出し続けとけば、患者は症状の悪化はないんで、何も言わない限り医者から減らしていくことはめったに無い。こちらから「減らしたい」と伝えたり、自己意識と強い意志がないとなかなか減らせないもんだなと感じた。