読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

スノボツアー 2日目

車内泊から目を覚ますと、早速ゲレンデへ。今季初のゲレンデ!
午前中は、現場より投稿した「ゲレンデより」の記事を参照。
とにかく、天然雪でやわらかく滑りやすい。ただ、事前に購入した靴が合わずに、激痛が走る。少し大きめの28cmを買ったはずなのに・・・と思っていたら、前の所有者が足が小さかったらしく、かかとの部分に1cmぐらいの厚さを調整するパッドが入っていた。これのせいだったみたいで、外してからは快調。
そして午後。レッスンというものをはじめて受けてみる。まず基本的なことの復習をリフト下でやったあと、ゲレンデの上へ。ここで、木の葉からはじまり、最終的にはターンの練習まで行われた。
やってみてわかったことは、「ターンは出来るけど木の葉が出来ない」という事実。独学だとここまで癖が出るもんなんだねぇ。しかし、レッスンのおかげで木の葉のコツや、左右に流す滑り方がわかったので、得るものは大きかった。前回からなぜか苦手になった左側でのターン(右は出来る)も再び出来るように戻ったし、4000円したけど、決して無駄ではなかった。このまま自信のない状態で2日滑るのは逆に酷だしね。
でも、レッスン2時間で疲れてしまい、さらには夕方になり雪も硬くなったので、レッスン後1階滑って今日の分は終了。

  • ゲレンデの写真(第4リフトより)




  • スクール受付所

  • センターハウス


あいにくの曇りだったけど、そこまで寒くなく快適に過ごせた。
17時に全員集合して、本日の宿、休暇村「吾妻山」へ向かう。ここは、今の場所よりさらに山の頂上にあり、途中はまさに雪道。雪景色白一色で綺麗だった。


ここでも後輪が流されて、さらには途中で本当に止まりそうになって怖い思いをしたが、なんとか頂上に着く。
宿は、雪山の中にぽつんと建ており、反対側は雪一色で想像以上のすごさ。

そして夕食。

もう体はくたくた。部屋で数時間飲んで語った後、20時頃には就寝。さすがに寝不足もあって疲れた。明日も滑るけど、筋肉痛になっていなければいいが・・・