masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

『人生という名の列車』

今週はずっと感傷気味。やはり内P終了のニュースは、僕にとって一大事も一大事。
例えるなら、今まで当然のようにあったものや人がある日突然なくなる感じ。無くなったあとの世界がまったく想像できない、その事実を考えると地に足が着かないというか、「そんな馬鹿な!!!」と我を忘れて発狂しそうな感じ。ありえない。
しかも、僕は休職中に「笑う」という力をすごく与えてくれた番組。この番組のおかげで1週間過ごすことができたし、復職も果たすことが出来たし、復職後も唯一の楽しみで1週1週頑張ってこれた、心の大きな支えとなった。
しかし、形ある物はいつか無くなる。事実は事実で受け止めてこそ、人間は成長できるもの。今回の件も、自分的には出来るだけのことはするが、すごくファンだからこそ、事の成り行きをそっと見守るのが一番いいのかもしれない。
反対運動は悪くない。でも、そこまでして残って、内Pメンバーは今までどおり番組をやれるのだろうか?重荷になって今の勢いは無くなってしまうのではないか?それを考えると、やはりある程度以上は流れに任せるしかないのではと思ってしまう。


そんな色んなことを考えさせられ、落ち込みながらも頑張って日々暮らした今週。
実は、最近出たNO PLANのミニアルバム「SUMMER PLAN」も、ちゃんと聞いてなかったので今回はじめてちゃんと聞いてみた。

SUMMER PLAN

SUMMER PLAN


どれも名曲ぞろい。内Pの雰囲気、NO PLANのよさが最大限に出てると思った。
その中でも「NO PLANの人生という名の列車」は名曲!調べたら元々馬場俊英さんの曲らしく、30代の人にはホロリと来るような、今までの人生を列車に例えて成長を歌い上げた曲。
しかし、20代の僕でも感動(泣)聞くたびに涙が止まらない。
9分以上という長い曲ながら、その歌詞のストーリー、メロディーのよさに聞き入ってしまい、あっという間に終わってしまう。
また、この曲をNO PLANが歌ったことがばっちりハマってる。決して歌はうまくないけれど、そこが味となり十分にこの曲のよさを引き出している。歌詞に感情、人生の重みを感じないわけにはいかない。
このミニアルバムはこの曲をNO PLANメンバーが覚えれきれないから発売が延期したらしいが、それに見合う大作。


昔、音楽は「演奏がうまい・伝えたいことを伝えてる人の曲だけが音楽」という考えの友人がいた。企画物や、人に作ってもらってとりあえずCD出した人、お笑い系音楽みたいなのはハナから嫌っていた。しかし、僕はその時から考えは違った。
音楽とは「音を楽しむ」ものである。歌い手が伝えるものが無くてもいい。それを聞いた人が「音」で楽しめたのなら、それが「音楽」なのだと思う。その考えは未だに変わらない。だから僕は、どんなジャンルでも聞く。楽しめればその曲が好きになる。それ以上の理由はない。それでいいじゃないか。


そんな人にNO PLANの歌なんて到底受け入れられないと思う。単なる単発企画物に思えてしまうだろう。しかし僕は内Pのファンであるというひいきはあるものの、楽しい歌が大好き。他人が作ろうが、メッセージが無かろうが、いい歌はいいと認める。
その中でこの「NO PLANの人生という名の列車」は、別に笑いでも無い。でも、純粋に歌がいい!歌詞も曲も最高!カバーではあるがそれを歌うNO PLANが自分の歌にしてるからそれもイイ。これも、「企画物」という理由で聞くこと自体を拒否していたのならば、一生出会えることのない曲。


特にその中の歌詞

ウソつかず 誤魔化さず どんなときも人に優しく 決して腐らずに
わかってるし気をつけてるし頑張ってる でも出来ないよ カトちゃん
でもどんなときも信じる事 決してあきらめないで
向かい風に立ち向かう 勇敢な冒険者でありたい 平成17年

これは今の自分とオーバーラップして、衝撃を受けた。泣けた。
特に理由は無い。でも、胸が熱くなるものがある。
「いつまでも冒険者でありたい」、でもその心は世の中が分かっていき、時間・成長と共に薄れていってるような気がする。しかし無理をすることは無い。褒められよう、ウソつかないよう、常にやさしくなんて到底出来ない。だけど、人間らしく生活し、夢だけは持ち続け挑戦だけは忘れてはいけないんだよな。それをやめた瞬間、人は年をとっていくだろう。
NO PLANがこれを出した時は内P終了だなんて聞かされてなかっただろうけど、皮肉にも内Pメンバーからファンへのメッセージとなってしまったような気がする。
ひとつのことにつまづいてるばかりでは駄目だ。次のステップへ進めば結果いいことが起こる。こんな簡単なことも忘れてしまっていた。そんな思いを思い起こしてくれた曲。

今また旅発ちのベルが街に鳴り響き 列車が動き出す

今日もループでこの曲を聴いては、両方の理由で泣き・・・
最終回でバックでこの曲を流しながら、過去の名場面集をダイジェストで映してくれないかなぁ。9分もあるから無理かな。