masahirorの気まま記録簿

個人的な出来事や意見、生活などの記録を思うままにブログに記録

デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune

新しいソフトの考案

「新しいソフトを作ろうかな」とここ最近思うようになった。少しやる気も出てきたし、何よりアイディアが浮かんだからだ。
とはいえ、見てる人が少ないとはいえ日記で作る予定の企画内容を書いてしまうのはどうか、、、と思わなくも無いんだけど、こんなところでしょうもない原案拾って作る人なんていないだろうから、自分のメモと整理・やる気もかねて書いてみる。


仕事で、ちょっとDTMFについて調べる機会があった。自分はその開発に携わってるわけではないので直接ソースも作らないし見ないから、本当にどういうものがあるか調べた程度。
その過程で色々勉強になったんだが、一番面白かったのは、PCのマイクで拾った「ピポパ」という電話のプッシュ音から「1、2、3」という文字へ変換する機能。これはWindowsAPIとかMMSystemとかを使えば実現できそうだった。
「これを広げて何か作れないかな」と思ったのが、まず「ピポパ」という音がマイクからだとそんなに実用性がない。PCから鳴る音を解析しても使い道がない。
他に入力音源でプッシュ音が鳴らせれるものは、、、と考えたら「PC+モデム」。
これだったらモデムにつないだ電話機からなった音がPCで拾えるから、それを文字に起こすことが出来る。
せっかくモデムを使うのだから、音が鳴るのは電話をかけた方から、、、ってことで電話中にプッシュボタンを押すものと言ったら、思い出したのがよくサービス紹介などで利用される「情報ダイヤル」。あれは、指定された番号に電話すると、自動音声でアナウンスが聞こえ、「〜を知りたい方は1を、〜を知りたい方は2を押してください」って言われてプッシュボタンを押す。

「これだ!」って事で、原案は決定。
つまり、電話線と自分の家の電話機、モデムを接続して(ダイアルアップのように)自分の家にかかってきた電話を僕が作ろうとしてるソフトでキャッチ、そして指定された音声ファイルを再生し、プッシュボタンを押されたら、番号に応じてあらかじめ設定している音声ファイルを再生する、というもの。
ハードでは業務用で使われてるのはあるらしいが、ソフトでこれを実現するようなものは(業務用向けソフトを除いて)無いと思う。なので作ってみよう、ってことに。

今や、若い人はメインが携帯だし、固定電話を引いててもADSLのためだけとか多いと思う。そんなにメインで使わないのであれば、そういう遊び心があってもいいかなと思って。つまり、友人などにあらかじめ言っておいて、電話をかけたらまるで企業のインフォメーションダイアルのように自動音声で案内してくれて、しかも番号を押すことでアナウンスが分岐する、というお遊びも個人で気軽に出来るわけだ。
もちろん、番号を選んでいったら「オペレーターと直接話す」みたいな選択肢も作れて、そうなると音色を変えて自分の家の電話機が鳴る、とか留守電のように録音できる、とか出来たら相当面白そう。
もちろん、分岐やその時の音声は使う人が自由に設定できるが、音声自体は自分で録音するなりで用意しないとはいけないが。いづれはSpeechAPIを使って、テキストを読み上げてくれる機能があっても面白そうだけど。

という訳で、作りたいソフトのコンセプトも出来たので暇があれば開発に取り組んでみようと思う。多分、本当にお遊びソフトで需要はあるとは思えないので、自己満足のソフトだけど。それにモデム制御のTAPIやらも調べないといけないし、いつ動くものが出来るかも不明だが、まあ何か作りたいという気分の時に作る目的のものをあらかじめ用意しておくといいしね。
(注:ソフトでやることなんで、企業ユースでは使用に耐えないと思う。あくまで個人向け)